株式会社グローヴディッシュ

お料理説明

CONTACT

お料理紹介

IBARAKI 特選 クリスマスディナーBOX

『茨城県産キャビア つぶ貝のジュレ かぶのムース』

(GROVE DISH 萩原敦彦エグゼクティブシェフ監修)

茨城県内で養殖されるチョウザメから採れる希少な「キャビア」。少量でも個性的な塩味を感じさせるキャビアは、まろやかな味わいのかぶのムースとの相性が最高です。コリっとした食感が楽しいつぶ貝と三位一体になり、食欲を刺激します。

『チョウザメのリエット』

(GROVE DISH 萩原敦彦エグゼクティブシェフ監修)

キャビアの“産みの親”「チョウザメ」が美味しい白身魚だということは意外と知られていません。その上品な味わいをもっと知ってもらいたいという想いから、白身をすり身にしバターとホワイトソースを加えて優しく火を通し、クリーミーに仕上げたリエットです。

『常陸沖 伊勢海老とあわびの具足煮 れんこんの甘酢漬を添えて』

(六雁 秋山能久総料理長 監修)

常陸沖で揚がる伊勢海老のガラから煮出した香ばしい出汁を白味噌でのばし葛でとろみをつけた濃厚なソースに仕上げました。伊勢海老のむき身と「一口あわび」に絡ませて贅沢に召し上がってください。茨城県名産「れんこん」の甘酢漬けと一緒にお楽しみください。

『リコッタチーズとほうれん草を包んだラヴィオリ 常陸の輝きと笠間和栗のトマトラグーソース』

(HATAKE AOYAMA 神保佳永料理長 監修)

伝統的な冬の北イタリア料理を、食材豊富な茨城県バージョンとして再現。リコッタチーズとほうれん草を、もちもちとした食感が印象的なラヴィオリで包み込みました。うまみを凝縮させた「常陸の輝き豚」と「笠間栗」でつくる特製のトマトラグーソースを付け合わせてどうぞ。

『常陸牛のブラサート』

(ピアットスズキ 鈴木弥平オーナーシェフ 監修)

関東を代表する高級黒毛和牛「常陸牛」の特上ロースを、大胆かつ力強く、豪快に食していただきたいとの想いを込めた豪勢なひとさらです。たっぷりとサシの入った常陸牛は淡いピンク色が美しいミディアムレアで焼き上げ、風味爽やかな赤ワインのソースにまとわせました。体験したことのない至福の味わいをお届けします。

『茨城野菜のレギュームグラッセ』

(GROVE DISH 萩原敦彦エグゼクティブシェフ監修)

“野菜王国“の名にふさわしい茨城県で活躍する生産者たちへのリスペクトを表現した野菜だけの料理です。ホクホクとした冬野菜に食感良く火通し、鶏出汁、バター、レモン汁でまとめた特製ソースでお召し上がりください。

『さしま茶のブッシュドノエル』

(GROVE DISH 萩原敦彦エグゼクティブシェフ監修)

江戸時代 安政6年(1859年)、日本で一番初めに海外に輸出された日本茶「さしま茶」。その「さしま茶」の粉末をたっぷりと生地に練り込み、お茶の香り、風味を閉じ込めました。ホワイトクリーム、いちごのピュレを混ぜ込み、クリスマスカラーで見た目にも華やかなケーキです。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。